看護便秘

便秘の方で間違った薬の使用方法をしてませんか?

便秘に悩む方は年々増加しており、それはデスクワークの方が増加し日中の活動量も少ない方に多く見られます。その為、女性だけでなく、男性でも便秘の方が増加しており、食生活の変化や水分摂取の減少、運動量の低下、身体の筋力低下、日常のストレスなど様々な要因で便秘となっています。しかし、便秘の際に便秘解消のために、薬を飲む方も多いと思いますが、この薬による排便に頼りすぎる事で、腸の本来の機能が低下してしまい、慢性的な便秘の引き金になってしまう方も多いのです。腸自体の機能が低下すると、腹部周囲の筋力向上や、運動量の向上を図っても、正しい排便習慣を身に付けることが難しくなってしまうため、早期に便秘を解消して、排便のリズムを取り戻す事が重要になってきます。では、正しい便秘薬の使用方法について説明していきます。

便秘薬の使用方法

便秘薬というのは、排便を促すお薬ですが、毎回便を溜め込むたびに便秘薬を使用して、腸に刺激を与えるのは負担も大きく、腸の機能低下を招きます。便がたまってしまい、排便の兆候が見られないときには、便秘薬の使用をする事は、悪いことではありません。排便が行えたら、腸内の状態を整えて、排便習慣を取り戻すための対策が必要になってきます。
主な市販薬では、病院などで処方されたものよりも軽めに薬自体が設定されており、一回に一錠から三錠と記載されているものがほとんどです。これって曖昧ですよね。なぜこんな曖昧な表現なのかといいますと、効果が出現するまでの閾値が人によって様々だからです。その為、慢性的な便秘になればなるほど、薬に頼って、錠剤の量が増加したり、毎度の排便を促す際には薬が手放せないといった事になりかねないのです。初めから効果を求めて、多くの錠剤を使用してしまうと、次第に身体が薬の量に慣れてしまい、徐々に錠剤を増やさないと効果を得られなくなってしまいます。極力便秘薬に頼らない便秘対策を図っていく必要があるのです。

正しく便秘薬と付き合っていくには

正しく便秘薬を使用していくには、便秘の症状を感じた際に、少量の便秘薬から使用を開始し、排便が行えた際には、使用を中止し、食生活や生活習慣を見直して、腸内環境の正常化に努めることが重要です。例えば、人間の排便には食後などに行われるようにリズムがあり、定期的に排便するリズムが乱れている方が多いです。その方の多くは、忙しさにかまけてトイレを我慢してしまったり、会議だからとトイレに行く回数が減少している方が多いです。そういった、排便習慣を身に付ける、トイレに定期的に行く回数を増やすだけでも、かなり改善が見られますよ。

看護師の起源


看護師という職業は元々、母親が持ち合わせている母性が起源となっています。養育や保育、保護といった母性愛に基づいています。初めは幼い子どもを女性が預かる仕事として発展し、その後医学と宗教が合わさって修道士によって慈善事業として看護が始まったのです。看護師の必要性や増加が見られたのは、14世紀ヨーロッパで広まったペストです。この疾病の広まりにより、人々の健康状態は悪化し、その後の産業革命のときが劣悪な環境のピークでした。修道会が中心となって慈善事業として看護を始めましたが、当然質の低いものでした。その後質の高い修道士が普及活動を始め、看護の必要性が高まり、引き継がれていったのです。

 

看護師としてやりがいをもって働ける施設検索はコチラ!